Posts for Tag : アンティーク

アンティーク買い付け品など|2019年6月イギリス出張記

こんにちは。
トゥーシェの いぬお☆ です。
 
いぬおは、近年およそ年2回のペースでイギリス出張しています。
今回は5月終盤~6月中盤まで、主にアンティーク買い付けのためのイギリス出張をしておりました。その記録を(ふんわりと)残そうと思います。
 

 
今回の出張で いぬおが一番「良かった!」と感じている事は

レンタカーで追加料金取られなかった!!

という事です。わりと、本気で…^^;
これについては次のブログで書こうと思います。
 
 

6月はイギリス最高の時期


 
今までもSNSやブログで書いているかもしれませんが、

気候的に5~6月辺りがイギリスの一番良い季節です。

個人的な感覚もありますが、一般的にもそう言われていると思います。
 
雨が少ないのと暖かい日が多いからです。
ただし、凄く寒い日もありますので羽織るような上着の持ち歩きは必須ですのでご注意を!(特に外を歩き回るとき)
 
 

長期ならホリデー・コテージがお勧め


 
いぬお とトゥーシェ社長はレンタカーを借りて、3週間近くイギリス中部を駆け回りアンティークを集めております。
 
ほとんどの場合、その滞在中にホリデー・コテージと呼ばれるホテルに1週間ほど泊まります。このコテージがどんな物かというと
 

  • 簡単にいうと家1軒借りるような感じ
  • アットホームなことが多い
  • 田舎で1週間単位だとかなり安い場合が多い
  • 寝室以外にもリビングなどあるので広い
  • 広いので寛げる&仕事がしやすい
  • キッチンで料理ができる(注:包丁はナマクラばかり!)

 
デメリットは

  • 日単位だと少し高め
  • ベッドメイキングなどはない
  • 早朝・深夜にチェックインはしずらい
  • 英国携帯がないとトラブル時に連絡しずらい

くらいでしょうか。
 
B&Bも良いですが、基本的に狭いので大荷物を持った長期滞在には向いていないと思います。

車があり、田舎に長めに滞在するならホリデーコテージお勧めです。

 
 
 

可愛い雰囲気のブースがあった件

 
いつも立ち寄る大きいアンティークフェアがあるのですが、そのフェアをトコトコ歩いていると

あら、可愛い!

と立ち止まっちゃったブースがありました。
 

 
ちょっと癒されました♪
世間話をして写真を撮らせてもらいました。
 
 
 

アンティーク品をちょっとご紹介

 
さて、一部ではありますが、買い付けたアンティーク品をご紹介。輸入資料用に撮った写真なので写りは悪いですが、ご勘弁を。
 

いぬおが個人的に好きなアイボレックスの額絵です。石膏にハンドペイントしています。

1910年頃のオールドノリタケの凄く可愛いトリオ2脚。色も綺麗。トゥーシェの中では超高級品ですが、既に1脚売れました。

1800年代中期~後期のコープランド・スポードのトリオです。めちゃ可愛くて状態も◎です。

1900年代前半のミントンの凄く変わった柄のボウルです。そもそもイギリスのデザインぽくないです(笑)から、変わった一品になります。

1880年頃のワイルマン・アレクサンドラシェイプのトリオ。貫入もない美品だったと記憶しております。
 

今回も「古く」「希少」で「価値のある」逸品がたくさん手に入りました♪
9月以降の英国展などに出品されていくと思います。

 
正直な所、上に出したティーカップは、トゥーシェの販売する価格帯の中では「ものすごく」高級品の部類に入ります。その分、良いものです^^
 
 
 

終わりに

 
8月末頃には弊社のアンティーク品 隠し倉庫に今回の輸入アンティークがどばどば登録されますので、ご興味があれば見てください。1000点くらいは超えるのかな?と思います。
 
アンティーク品 隠し倉庫はここから行けます
 
 
 
いぬお☆

シルバーのお手入れ (3)還元反応を利用して綺麗にしてみた

こんにちは。いぬお☆です。

 

トゥーシェでは30年近く銀製品を取り扱っております。そんな銀製品のお悩み系記事です。

 

ついに2年越しに銀の手入れの記事を書くことにしました。先日、イギリスから銀器が届きましたので、その写真を使って説明します。

 

銀のお手入れ関連の内容は、今回を含み、4回に分けて投稿予定です。

 

 

 

銀が黒くなる原因

 

まず、この記事でシルバー(銀)が黒くなるのは「硫黄と化学反応してくっつき、表面に硫化銀の膜ができる」ため、とお伝えしました。

zukai_ag+s_1

 

 

今回は還元反応を使った方法です

 

今回、お伝えする還元反応はこの化学反応を逆に利用する事で「銀から硫黄を分離させる」という物です。

まず、用意する物は

  • 銀器
  • アルミホイル(アルミニウム)
  • 重曹(もしくは塩など)
  • 熱湯

です。

 

アルミニウムは銀から硫黄を引き剥がす役目、重曹と熱湯はその反応を助ける役目を果たします。

 

図解するとこんな感じ。

 

 

還元反応を使ってシルバーを綺麗にしてみよう

 

さて、理屈はこんな感じですが、実際にやってみた写真を貼っていきます。

全てスターリングシルバーでできた100年以上前の素晴らしい銀のティーポット。

中も素晴らしく黒い(茶色い)です(笑)

 

中にアルミホイル・重曹を入れ、熱湯を入れます。

 

小一時間ほど経ち、ふたを開けると中の水が茶色くなってました。

 

洗うとこんな感じ。最初よりは随分良いですね。ただ、完全に綺麗になったとは云いがたいです。

 

再度試してみました。さきほどは時間が短かったので、今度は一晩つけてみました。

 

茶色いヌメリは残ったのですが、指でも取れるくらいだったので、中を軽く洗うととても綺麗になりました。

今回のパターンは、成功?!という印象でした。

というのも、色が茶色っぽかったので、もしかしたら硫化銀ではなく、単純に茶渋で汚れていただけだったのかも?

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

さて、次はシルバープレートのティーポットを。

これもやっぱり100年くらい前の物なので、かなり年季がはいっております。

 

重曹を入れまして

 

アルミホイルと熱湯を注ぎます。

 

小一時間ではあまり変化がないような気がしました。

 

気を取り直して2回目。

 

多少、銀色が見えてきましたがピカピカには程遠いですね。。

 

3回目で一晩つけてみました。

 

大分、綺麗になったのですが、やはりピカピカには程遠く、これ以上は綺麗にならなそうなのでやめました。

 

 

 

還元反応を利用した銀洗浄の結果

 

結論:

理屈上は、硫化銀は今回の還元反応で銀に戻るはずですが、
銀の硫化以外の変色(汚れ、塩化など)が発生している場合は、
完全には戻らない場合もありますね。

 

 

 


シルバーのお手入れ用品はこちらで売ってます。

 


こちらは英国雑貨トゥーシェの看板商品「シルバーラッキーチャーム」です。

 

 

 

ただ、悪くなる事もないので、家庭にある物でできるので一度試してみても楽しいですよ!

いぬお☆

 

↓面白かった、タメになった、応援してあげる↓
↓そんな方は是非クリックお願いします↓
 
クリックして頂くとブログランキングに反映される仕組みです。

 

2017年 イギリス出張記

こんにちは。

 

今回の投稿では、2017年5月の後半から6月中旬にかけて、アンティーク買付出張の写真を貼っていきます。

が・・・実は、今回の出張は、大きな事件が起きました。

 
 
 

レンタカーを小破させてしまった件

 

空港周辺で借りたレンタカー、なんと借りた1時間後に壊してしまいました(T_T)事故ではなく、燃料の入れ間違えです。

IMG_20170525_093633

イギリスだと軽油車(ディーゼル)の方が一般的なのですが、今回借りたのがガソリン車。燃料を間違えて、走り・・・しかも高速道路へ・・・。走行不可能になり、焦って路肩に止めましたが、時既に遅しでした。

その後、夜の高速道路・路肩で5時間、近くのサービスエリア等で15時間くらい待ち、やっと新しい車を手に入れて再出発!ちなみに写真に「AA」とありますが、これは日本のJAF、アメリカのAAAにあたるロードサービスの最大手です。

 

皆様、燃料入れ間違えは気をつけましょう。

 
 
 

気分を変えて植物園に

 

さて出張序盤に、ウェールズのボドナント・ガーデンという北ウェールズで有名な観光地へ。

IMG_20170527_143418IMG_20170527_152459IMG_20170527_143700IMG_20170527_145130

5月~6月頃は、キングサリのアーチ(Laburnum Arch)が見ごろな時期でしたが、少し寒く他の花はあまり咲いていなかったように思えます。ガーデンの広さはとても大きく森も多いですので、散歩にはとても良い場所です☆ナショナル・トラスト運営で、料金は12ポンドくらい、少し高いなぁと感じました。

 

 
 
 

アンティーク買い付け品について

 

IMG_20170531_125830IMG_20170602_115813

リンカーンシャーに移り、アンティークフェアに。沢山のガラクタからお宝を見つけます。

商品写真がいくつか残っていたので、ペタペタ貼っておきましょ。

 

IMG_20170529_123335IMG_20170528_163715IMG_20170528_171811

左・・・細部まで造形が綺麗なヴィクトリアン・チェア。かなりダメージがあったので、安く買えました。自由が丘店のディスプレイとして使おうかと思います。

真ん中・・・じゃばらのフタが付いたレターラック。前に全く同じ物を持っており、梅田店で販売したことを覚えております。

右・・・1800年代後期のウェッジウッドのティーポットです。とても欲しかったですがダメージがあったので、買えず・・・。数日後には無くなっていたので、誰かが気付かず購入されていったのでしょうか。

 

 

さて、長くなってきた&取り止めがなくなってきたので、また次回にしようと思います。

 

その他のトゥーシェ催事スケジュールページはこちら♪

 

いぬお@日本

 

 

↓面白かった、タメになった、応援してあげる↓
↓そんな方は是非クリックお願いします↓
 
クリックして頂くとブログランキングに反映される仕組みです。

シルバーのお手入れ (2)クロス、洗浄液で綺麗にしてみた

こんにちは。トゥーシェの いぬお☆ です。

昨日、日本橋三越の英国展が終わり、やっと事務所に戻ってこれました☆

 

トゥーシェでは30年近く銀製品を取り扱っております。

そんな銀製品のお悩み系記事です。

 

シルバー磨きクロスで銀を綺麗にしよう

 

前回、銀の黒くなる原因を簡単に説明しました。

今回は2回目の投稿ということで、実際にシルバーを銀磨き用のクロス(布)や洗浄液で綺麗にしてみたいと思います。

 

銀のお手入れ関連の内容は、今回を含み、4回に分けて投稿予定です。

 

 

黒くなった銀アクセサリーを発見!

まず、程よく黒くなったシルバーを見つけるのが意外と大変だったんですが、こんな感じのアイテムを集めてみました。

(アンティーク品も扱ってて良かった~(´∀`;A)

ant-sample1ant-sample4
ant-sample3ant-sample7

かなり黒い(というか汚い)+くすんでる、物が見つかりました^^

 

 

シルバー磨きクロスはコレ

 

さて、こちらは銀磨き用の布です。

これはタウントーク社の商品で、トゥーシェのECサイト本店でも売っています(400円強)。この商品は比較的、研磨力が弱め(優しい、削り過ぎない)らしいです。他のメーカーの物もありますので、その辺りは好みとDIYショップなどの店員さんに確認しながら選んでください。分からない場合はとりあえず何でも良いと思います(目的は同じですし)。

 

クロスで磨くという事は、前回で説明した「硫化膜」を研磨して削り取り、中の銀を再度表面に出させる、という事です。

zukai_ags_2

 

 

銀を磨いた結果

 

さあ、磨きます!

ant-sample5

随分、クロス(布)が汚れていますが、クロスが黒くてもあまり気にしないでください。実はこれは、汚れではなく細かい銀(もしくは他の金属)らしいです。金属は非常に細かくなると黒く見えるらしい。手は汚れる覚悟でいてください(洗えばすぐ落ちます)。

 

さて、表・裏と約1分ほど磨くと、、、ant-sample6

表について、凸になっているところは綺麗になりましたが凹になっている所は(予想通りですが)磨けませんでした。裏に関しては光沢が出て多少白くなりましたが、地黒な感じは残っていますね。そこそこ綺麗になりましたが、写真だとあまり変わってる感じに見えないですね。裏は平面なのでもっと白っぽくなるかと思いましたが、これは予想外。

 

もう1つ(盾の形をした物)もやってみました。

ant-sample8

表面は元々くすみがある程度だったので、光沢が出た事以外あまり大差なく見えますが、ちゃんと綺麗になってます。また、裏面はかなり綺麗になりました。

 

 

シルバーポリッシュで磨いたまとめ

 

さて、磨いてみた感想をまとめます。

 

  • 凸凹した物だと、凹の方は全く綺麗になりません(陰影ができて見栄え上は良い。)
  • 綺麗に白くなる時とあまり白く戻らない時がある(光沢は出ます)。
  • 細かい物だと疲れます(結構、力つかいます)。

 

 

 

シルバー洗浄液を使ってみよう

 

さて、次は銀洗浄液を使ってみます。

ant-sample9

使うのは上記、左の物です。これもタウントーク社の物ですが、右の洗浄液よりちょっと強力・・・らしい(うちで売ってません)。右の洗浄液は、トゥーシェのECサイト本店でも扱っている商品です(1000円弱)。右の銀洗浄液でも同じように強力です。

 

なんにせよ、シルバー洗浄液は通常、酸性の液体で硫化膜を溶かします(もしくは還元作用で硫化銀を銀へ戻します)溶かすと言っても濃硫酸ではないので、手で触ってても大丈夫です(でした)が、肌が弱い人は気をつけた方が良いかもしれません。また、長時間の使用・手で触れる事は辞めてください。使用方法をよく読んで使ってください。また、使用後、手を必ず洗ってくださいね。

 

ant-sample11

さて、ボウルに少し液を貯め、対象のアイテムを1分程度入れて、ちょっとかき混ぜたりしました。その後によーく水洗いします。

ant-sample10

正直、1分も漬けなくて良いと思います。恐らく20秒でも十分綺麗になりますが、そこは洗浄液の強さで変わると思いますので、短い時間でのトライ&エラーを繰り返してみてください。あ、ちなみに今回使った液体は少しキツイ臭いがします(参考までに)。

 

 

 

シルバー洗浄液を使った結果

 

さて、その結果がこれです。

ant-sample13 ant-sample14

ant-sample15

 

3点とも見違えるように綺麗になりました。やはり労力が大してかからず、細部まで綺麗になるのは洗浄液ですね。

ただし、1個目のブローチのピン部分、2個目の勲章の上のパーツにご注目ください。この部分は銀ではなく別の金属(+塗装?)だったらしく、洗浄液で変色してしまいました。生地部分はボロボロにはなっておりませんが、長時間漬ければ目で分かるくらいダメージをうけると思います。銀以外のパーツがある場合は要注意です(特に宝石など!)。

 

zukai_ags_3

硫化銀(膜)は見事に取れますが、洗浄液で綺麗にした場合、表面が平らではないため「くすみ」の原因になります。そのため、クロスで研磨してあげましょう。勲章が分かりやすい例です。洗浄後、白く綺麗になってはいますが、光沢が微妙にありません。銀磨きのクロスでその後磨くとピカッとしました♪

 

ant-sample16

 

 

 

シルバー洗浄液で洗ったまとめ

 

さて、シルバーの洗浄液を使ってみた感想をまとめます。

 

  • 準備に気を使うが、作業自体は疲れない。
  • 凸凹した物でも綺麗になる!逆に、陰影が全て無くなる。
  • 洗浄後、光沢は少なめ(物による)。くすみが気になる場合は洗浄後にクロスでサッと研磨
  • 銀以外の部分には、悪影響がでる場合があるので、要注意!(洗浄液の説明書を読んでください)

 

 

 


シルバーのお手入れ用品はこちらで売ってます。

 


こちらは英国雑貨トゥーシェの看板商品「シルバーラッキーチャーム」です。

 
 

 

参考になりましたでしょうか?

次回は「還元作用」を利用して、銀を綺麗にする方法をやってみたいと思います。

 

いぬお@中野

 

 

↓面白かった、タメになった、応援してあげる↓
↓そんな方は是非クリックお願いします↓
 
クリックして頂くとブログランキングに反映される仕組みです。

 

イギリス人のちょっと変わった引き算が気になった件

こんちには。
いぬお☆ です。

 

今回は先日までのアンティーク買付で体験した、ちょっと変わったイギリス人の引き算の仕方をお伝えします。

 
 
 

イギリス人の引き算とは?

 

アンティークの購買というと現金で支払うことが普通です。

(※高価な物やまとめ買いの場合、クレジットカードを使うこともあります。)

そのため必然的にお釣りを返すことも多く、「支払った額」から「商品代金」の引き算をするわけです。

 
 

日本人の引き算

 

ここでちょっと考えてみてください!

貴方は680円が商品代金で、1000円払いました。お釣りはいくらでしょうか?

 

img_0

 

もちろん、お釣りは320円なんですが、どんな計算の仕方を頭に浮かべて320円を算出しましたか?こう言われると答えにくいかもしれませんが、大抵の日本人は以下の計算をしてるのではないでしょうか?

(A)100-80=20円 と 1000-700=300円 をくっつけて320円

 

完全に同じではなくても、近い計算の仕方をしませんでしたか?

いぬお は上記に近い計算をします。

 
 
 

イギリス人の場合は?

 

だからこそ、イギリス人の引き算の仕方に違和感をもったのですが、イギリス人の引き算はこうでした。

(B)680+100+100+100+10+10=1000円

 

伝わりやすく、動作も混ぜて説明します☆

  1. こちらが1000円払ったとします。
  2. あちらは100円を返しながら780と言います。
  3. さらに100円を返して880、
  4. さらに100円を返して980、
  5. 10円を返して990、
  6. 最後に10円を返して1000円
  7. 合ってるね!と言います。

 
 
 

引き算ではなく足し算をする

 

簡潔に言うと、「引き算を足し算で行っている」と言えます。

何度もイギリスに行っているのに、今まで気になっていなかったので、

いぬお には、とても新鮮な発見でした♪

 
 
 

若めのイギリス人に聞いてみる

 

その発見の後、イギリス人の友人にその話をしましたら、

それは「比較的、古い数え方だよ」と教えてくれました。

昔はそうやって学校で教えていて、

彼の時代(彼は若いです)はそうではない、とのこと。

(恐らく日本と同じ?)

 
 
 

終わりに

 

ただし、銀行などで「金銭を相手と一緒にしっかり数えなければならない状況」では、

今でもそうやって数えることも多いとか。

考えてみれば、日本でもコンビニエンスストアで1万円出すと、

お釣りを一緒にカウントしますよね。あれと少し似ていますね^^

 

 

最後に一言

 
「イギリス人」「イギリス人!」と書いていますが、全てのイギリス人が同じことをするわけではないので。あくまで参考までに。
 
 
 

おしまい…
いぬお☆
 

いぬお@中野