イギリスのゴルフ事情メモ ~2016年英国出張記~

イギリスで何度かゴルフ経験がありますが、今回もアンティーク買付けの隙をぬって少しだけ遊んできました。ちょっとやる程度のレベルの私が感じたイギリスのゴルフ場の特徴(日本との差?)をメモっておきたいと思います。

 

golf1

ゴルフコースの傾向・攻略といった専門的な情報ではないです。

また、由緒正しいコース等は下記の次第ではないと思います。

 

 

■ ゴルフクラブの多さ

そこら中にゴルフコースがあります。探したいときはgoogle mapで「golf courses」と検索すると沢山出てきます。

山がないため土地が広く使えること、ゴルフ発祥国であることが理由でしょうか。

 

■ コースの特徴

日本に比べると「平らなコース」が多いように思います。ラフ奥は丈の長い茂みになっている事が多く、ラフ奥に入ると一発でロストボール(ペナルティ)になる可能性も高いです。へたっぴな私にはなかなか辛いコースも多いです。あとはリンクスと呼ばれる海岸沿いの強風コースでしょうか。

 

■ プレイヤーの人数

日本のコースに比べ、各組のスタート間隔はかなり差がありますので、のびのび遊べます。仮に追いつかれても、先に行ってもらえば全然大丈夫です、次の間隔がまた大きいですから。

 

■ プレイ料金

日本より安いです。

経験上では10ポンド以下~20ポンド程度(1500円~3000円?)ではないでしょうか。ちなみに先日私がプレイしたのはショートコースは2人で8ポンドで遊べました。クラブも無料で貸してくれましたし。また、高速道路(イギリスではモーターウェイと言う)は日本と違い無料ですので、ゴルフ場までの交通費も大して掛かりません。

 

■ ドレスコード

観光客であればジーンズ、コート以外なら何でもOKと言ってくれるコースが多いです。

ただし、実際はどのコースにもこんな看板があります。もしくはwebサイトに厳しい警告があります。由緒正しいコース、高級なコースではプレイさせてくれないと思いますので、気をつけてください。電話をするか、クラブハウスの人に直接聞くのが一番です。

dresscode1 dresscode2

 

個人的には、観光客であれば、安いコースで気楽に遊ぶことをお勧めします^^

 

 

いぬお

 

 

↓英国雑貨トゥーシェ 楽天市場店↓

 

 

↓面白かった、タメになった、応援してあげる↓
↓そんな方は是非クリックお願いします↓
 
クリックして頂くとブログランキングに反映される仕組みです。

 


Comments are closed.