ホットエナメル、コールドエナメルとは?

 

こんにちわ。

英国雑貨トゥーシェ 広報担当(?) いぬお です。

 

10月前半~中旬にかけて、盛り上がる英国フェア「うめだ阪急 英国フェア」があり、トゥーシェも参加させて頂きました。

 

英国フェアには、トゥーシェのビジネスパートナーであるAEW社(ピューター雑貨製造)の次期 代表である「サム・ウィリアムス」が作業工程や商品をお客様に対して説明しておりました。そんな中、サムとの会話で、いぬおが覚えた言葉「コールドエナメル」「ホットエナメル」についてお話したいと思います。

 

enamelling2enamelling1

 

今回、サムがヘアゴムのアクセサリー部分に「エナメルをつける(Enameling)」作業を見せてくれたのですが、サムの使っていた技法は「コールドエナメル(Cold Enamel)」というタイプの技法だそうです。実はエナメルをつける方法は2つに分かれます。

 

1) ホット エナメル(Hot Enamel)

・・・ ガラス釉薬を高温で焼き付けたエナメル

 

2) コールド エナメル(Cold Enamel)

・・・ 樹脂を塗りつけ乾かしたエナメル
(Unfired Enamelとも呼ばれるようです。)

 

七宝焼きなどはホットエナメルに当たるようです。そしてAEW(ピューター製品)が使うエナメルは全てコールドエナメルになります。なぜなら、ピューター(錫)の融点は低く(250度程度)なので、高温で焼くと金属の方がガラスより先に溶けてしまうからです。

 

それぞれのエナメルの特徴をまとめてみます。

ホットエナメル コールドエナメル
材質  ガラス質 樹脂
メリット 硬質、傷つきにくい、

変色しにくい、伝統的

軽い、割れ難い、

低コスト、作業が簡易、多少複雑なデザイン可

ほとんどの素材に適用可能

デメリット 高コスト、作業が難しい、

複雑デザインは困難、割れやすい、

融点の低い素材には使用不可

傷つきやすい、変色しやすい

 

※ AEWがピューターに使うコールドエナメルは色付きなので、デメリットはあまり影響しなさそうです。

 

 

aew-archphoto1_menu

これもAEWコールドエナメルのアイテム

 

<あとがき>

弊社、社長曰く、トゥーシェは20年程、うめだ阪急英国フェアに連続出場しているとのこと。トゥーシェが、これだけ長く続けられているのは、間違いなくファンの皆様のお陰だと思っております。ありがとうございます!^^

 

長いことブログを書いておりませんでしたが、

また意欲が沸いてきたので、ちょこちょこ書こうと思います。

 

 

いぬお@中野

 

 

↓英国雑貨トゥーシェ 楽天市場店↓

 

↓面白かった、タメになった、応援してあげる↓
↓そんな方は是非クリックお願いします↓
 
クリックして頂くとブログランキングに反映される仕組みです。

 


Comments are closed.